看護学生必見!実習目標は具体的に!評価しやすい目標の書き方

パソコンの前に座り頭を抱える女性

看護実習において、悩みに悩むであろう実習目標について、私なりの書き方をご紹介します。ここで扱う「実習目標」とは「1日で達成できる目標(毎日の実習記録に記載する目標)」を想定しております。

実習指導者や先生が学生に何を求めているのか、それを理解するため糸口になれば嬉しいです。

実習目標の書き方

私の経験を元に、これが良い書き方なのではないかと思うポイントを挙げてみます。

1.具体性と個別性

【実習目標とは】

患者が達成する目標(患者目標)と看護学生が達成する目標(学生目標)があります。1番大きな目標(最終目標)を達成するために、具体的ないくつもの目標を考えて実行していきます。その具体的な目標=毎日の実習目標となります。

患者にどうなってほしいのか、患者がどうなりたいと思っているのか、そのために患者はどうすればよいのかを具体的に書くのが患者目標。

患者目標を達成してもらうために、看護学生がどのように関わっていくのかを具体的に書くのが学生目標。

【悪い実習目標の例】

  • 患者目標:転倒しないように歩行することができる
  • 学生目標:転倒しないように声掛けができる

【良い実習目標の例】

  • 患者目標:左手に杖を持ち目線を上げて前を見て歩行することができる
  • 学生目標:目線の目標となる対象物を決めてそれを見るよう声掛けができる

この悪い例、良い例を比較すると見えてくるものが、「具体性と個別性」になります。

それぞれを説明するとすれば、具体性は、その字のごとく『内容を細かく記載すること』です。個別性は、『その患者さんにとって必要な情報を加えて記載すること』です。

目標を見ただけで、どんな患者なのか理解できる書き方が優れていると考えます。

2.1日で達成できる目標か

具体性、個別性のある目標が記載できたら、1日で達成し評価できる内容かどうか確認しましょう。1日で結果を得られないと判断したら、考え直す必要があります。

達成できると思って書いた目標でも、実際には達成できなかったということはよくあること。その場合は、翌日に達成できるよう反省点を踏まえて考えていくことが大事です。

3.評価できる目標か

せっかく目標を立てても実施、評価までつなげなければ次のステップに進めません。そのためには、具体性や個別性、達成できる目標であるかは大きな鍵になります。

【良い実習目標の例】

  • 患者目標:左手に杖を持ち目線を上げて前を見て歩行することができる
  • 学生目標:目線の目標となる対象物を決めてそれを見るよう声掛けができる

この例の評価ポイントとしては

  1. 左手に杖を持っていたか
  2. 目線をあげていたか
  3. 目線の目標となる対象物を何に決めたか
  4. 患者はそれを見ていたか

などが挙げられると思います。実習中にそれらが達成できたかどうか振り返り、その反省点が翌日の実習目標に活かされていくのが理想の形です。

ダメ出しをいただいた、私が書いた看護目標

通信制看護学校の紙上事例演習(気管支肺炎患者の看護について看護過程を展開して看護計画を立てる)のレポートが返却されました。

これを見てください。

何ということでしょう!

「楽になった」と言う ⇒ なにが? と書かれる始末(笑)

いや、ほんと、先生、その通りです。しかも、さらに、「評価できるように考えましょう」と書かれてしまいました。私も反省すべき部分がたくさんです。

毎日の実習目標は頭を悩ませることが多いですが、上記の3点を意識して目標を立ててみてくださいね。

関連記事

唇を伸ばしている黄色いひよこ

看護学校入試に落ちる理由!看護師になりたい熱い気持ちをアピールしよう

座って読書をしているピンクのウサギと黄色いひよこ

登校日数が日本一少ない学校!?初の面接授業を受けてきました

座って本を読んでいる髪の長い女性

看護師になったら読んでほしい!理想の看護師の全てがここにある!

黄色いキャンバス上にある赤いハート

実習で板挟み!?学生を悩ませる、患者と指導者と教員との付き合い方

後ろを向いて机に座っている4人の女子高生

所属病院勤務は必須!?准看護学校入学後の無理のない働き方

踊るピンクのうさぎ

准看護学校の受験に役立つ?試験内容、学費、授業日程の話