通信制看護学校!入学ガイダンスに行ってきた話

こんにちは、くみたんです(*^▽^*)

かなり、かなーりお久しぶりの更新。2月末から忙しさが増して、ブログに手がつけられず(;´・ω・)実は、私、来年度…地域の子ども会会長なんぞに就任(ちょっとカッコいい言い方)しまして、さらに通信制看護学校入学のあれやこれやでバタバタしておりました。

今現在も進行形でバタバタなんですが、今日はなんとか時間を搾り取りブログに着手(笑)

今日のテーマはタイトル通り、「通信制看護学校の入学ガイダンス」に行ってきた話。

入学ガイダンスって何だろう

私が入学予定の看護学校には、通信制ということもありまして入学式がありません。この入学ガイダンスが入学式の代わりという位置づけになっているそうです。

入学したらこんな感じで授業が進みますよ、実習はこんな感じですよ、課題やテストのスケジュールはこんな感じですよ、などなど大体の説明をしてもらえます。

通信制と言えど、この入学ガイダンスは学校まで足を運ばないといけないので、遠方の人はちょっと大変かもしれませんね。全部で3回あるんですが、そのうちの都合が良い1回に参加する形になっています。全部日曜日でしたよ。ちなみに、3回の内訳は…山口2回、大阪1回。

これ、本当に遠方の人辛いでしょうね。入学ガイダンスに旅費何万も払って行かないといけないなんて(;´д`)

でも、ご安心ください!看護学校には宿泊施設が併設されているのです!そのお値段、なんと1泊2100円(消費税込み)えーーー!?お安い!( ゚Д゚)マジカヨー

食事は自分で用意、自炊はできません。完全個室でユニットバス付。インターネット回線(有線)あり。洗濯機あり。

泊まるだけなら十分過ぎる感じかなと。もちろん、そこそこ築年数経っているので、すごく綺麗でわおー♪とか感動はありませんが…。基本セルフサービスかな。布団のシーツも自分でつけて、自分で外して、リネンの回収ボックスに入れるというシステムのようです。私も利用したことないので謎多き施設。いつかお世話になることがあると思うので、その時に具体的にレポしようと思います♪

パソコンは得意か不得意か

今回、ガイダンスに参加してすごく感じたことは、パソコン触ったことないって人、通信制の看護学校受講厳しいかも…ということ。

今時パソコンなんて当たり前の時代でしょ?なんて思っていましたが、そうでもないらしいことが最近分かってきました(笑)パソコンって、やっぱり普段から仕事でも趣味でも、興味を持って使っていないと分からないものなんですよね。確かに、使う目的もないのにパソコン操作することってないですよね(;´・ω・)

電子カルテなんていうものが導入されて何年も経っていても、いまだに紙媒体のカルテが存在しているのも事実。しかも准看護師人口ってだんだん減少していて、今から正看護師目指そうとしてる人って40代以上が多いのではないかということを踏まえても、パソコンできるかできないかの境目は、通信制においてすごーく大きなポイントになるなぁと感じましたね。

現に、ガイダンスの中でパソコン操作の説明があったんですが、言葉の説明から始まっていました(´_ゝ`) クリック、ダブルクリック、スクロール…。

おいおい!看護学校の勉強どころじゃないんじゃないの?と思わず突っ込みたくなるレベルの人が多いのかなと、正直な感想。

これから通信制で看護学校を受験しようと考えている方は、ある程度のパソコンの知識と操作を学んでいるほうが良いと思われます。

通信制ならではの落とし穴

普通の通学する看護学校であれば、まずというか、絶対しない(したくてもできない)であろうことが、通信制ではできてしまう。何だと思いますか?

それは…「カンニング」です。( ゚Д゚)エーー

え!!!と思うでしょ?でも、よく考えてみてください。授業中に先生はいない。周りに同級生もいない。いるのはパソコンの中で再生される動画の先生のみ。こちらが何をしていても怒られることなく、ただただ授業は進んでいくのです。

試験は大まかに分けると、ネット上で行われるものと、レポートとして提出するものの2つがあります。そのレポート提出が落とし穴ですよ。

通学制でもよくありませんか?先輩からの授業ノートの貸し借り。過去問の再利用とか(笑)

これが通信制では大きく響きます。学校の先生とは顔も見えない、インターネットや紙の上だけのお付き合い。もちろん授業が年に何回かあって学校に足を運ぶこともありますが、通学制のような先生と生徒の密な関係はないと言ってもいいでしょう。

そこで、先輩から譲り受けたレポートを参考にして、自分のレポートを仕上げたらどうなるか分かりますか?

瞬時に「あ、これ、丸写しだわ」と学校にバレてしまうんですねーΣ(゚Д゚)ギャーおそろしーーーーーー!!!!

何年もレポートだけを見ている目の肥えた先生は、なんだか見たことある内容だわねーと勘づくのだそうです。実際に、先輩のレポートを丸写しして、それが学校にバレて退学処分を受けた人もいるらしいのです。

ガイダンスでも、レポートの丸写しは退学ですよ!?と結構きつめに言われてました(笑)

そんなにする人多いんでしょうかね。謎。

丸写しなんてして、何のために勉強しているのか分かりませんが、通信制の看護学校の勉強は意外と辛いのかなと感じるお話でもありましたね。そこまで追い詰められてしまうのかと(笑)しかも、周りに同級生もいない、先生もいない、自分で自分を戒めていかないと誰にも注意されることない環境。

油断したら自分に負けそうになりますね(;´・ω・)分からなくもないかも。でも、しっかり自分で考えて、自分の言葉で、自分の考えを表現することに意味があると思うので、落とし穴にはまらず、楽な方に偏らずに、勉強していかないといけないなと思っています。

みなさん、参考になりましたか?

入学ガイダンス、一日かけてありますので腰が痛くなること必須です(笑)私、車で往復4時間運転して、ガイダンスで6時間くらい座りっぱなしで、帰ったら立てないほど腰が痛くなってました(;´∀`)腰椎ヘルニアの人ってこんな痛みが毎日あるのかしら!?と衝撃でした。辛いですね、ヘルニア。

けれども、子供たちが代わる代わる、腰をモミモミトントン。ありがたやーありがたやー。翌日にはすっかり良くなりました◎

それでは、またお会いしましょう♪

関連記事

准看護学校の受験に役立つ?試験内容、学費、授業日程の話

山口県で看護師を目指そう!山口県内の看護学校情報!