【小児看護学】実習目標と記録、放置プレーを乗り切った2日間の全て

緑の顔

こんにちは、くみたんです(∩´∀`)∩
2年生になって初めての実習は『小児看護学』です。実習の時にいつも悩むのは目標と記録、そして指導者さんや患者さんとの距離感!
そこで今回は、私が考えた実習目標や記録を書くにあたって考えたこと、2日間の実習(通信制)の様子などをお伝えしてみようと思います♪

小児看護学実習で何を学ぶのか

まず、目標を考える上で小児看護学実習で何を学ぶのかということを考えなければなりません。以下に簡単にまとめてみます。

【小児看護学で学ぶこと】

  • 小児期の特徴、発達段階、健康段階を理解する
  • 小児の個別性を理解する
  • 小児と家族が現在どのような状態にあるのかを理解する
  • 小児と家族への看護援助の根拠を理解する

学ぶことをあげるとキリがないのですが、要は『対象の理解』ということが重要なポイントです。通信制では各単位ごとに2日間しか実習がありませんので、この『対象の理解』を中心に看護目標を考えていくことになります。

私が考えた実習目標はこれ

実習で学ぶべきことを踏まえて、私が考えた実習目標は…

【1日目】
『対象の発達段階に応じた関わり、看護援助が理解できる』

【2日目】
『対象とのコミュニケーションを通して、接し方や関わり方の工夫が理解できる』

まず、実習前に学校で言われるのが、『学生の皆さんの実習は2日間です。その短い間に何を学びたいのかを明確にしなければいけません。そうは言っても、初日はどのような患者さんを受け持つのか、受け持ちもあるのかないのか分からない状態です。それを踏まえて、1日目の目標はどのような状況にも対応できる目標を立て2日目は1日目の反省や課題から目標を立てるようにしましょう。』

というわけで、私の実習目標はこのような感じになりました。
小児看護学実習は『外来』『病棟』『重症心身障がい施設』のいずれかで実習を行うことになっていまして、実習目標はそれぞれで大きく異なってしまいます。さらに、外来や病棟に小児がひとりもいない!なんてこともあるようで(本当に?笑)
その場合はレポート提出になります。(実習時間に相当するそれなりのレポートが求められるらしい…)

そのため、どのような状況にも適応できるざっくりとしたアバウトな目標を立てるよう指導されます。1日目はこれでOKです。

そして2日目は、1日目に自分ができなかったことや実践したいことなどを目標としてあげると良いかなと思います。その際に、1日目の記録の振り返りにおいて、2日目の目標立案に繋がるような反省や今後の課題をしっかり書き込んでいることも重要かなと思います。

1日目の振り返りと全く関係ないことを2日目の目標として挙げてしまうと、自分が評価しにくいかなぁと思う理由からですが…まぁ、その辺りは人それぞれかもしれません。

でも私は2日分の実習記録を並べて見たときに、記録内容に連続性や関連性がある方が『あぁ、くみたんはとっても実りある実習ができたのね』先生に評価されやすいのではないか…という下心がありますので、1日目から2日目に繋がるような目標を立てました。

記録を書くときに気を付けたこと

記録の内容としては以下の項目があります。

  1. 実習目標
  2. 対象の状態
  3. 看護及び対象の反応、見学した看護からの学び
  4. 実習目標達成状況、学び、気付き

実習目標は、先に述べた通りです。②は小児の成育歴や現病歴など、③は実習記録の中心となる部分、④は1日の振り返りです。

記録用紙はA4用紙1枚分。それ以外の記録物はありません。看護診断もしませんし、看護計画も立てません。この辺りは通信制万歳\(^o^)/といった部分ですかね。レギュラーコースや大学のカリキュラムではこんなことありませんから。

誰が読んでも状況が分かる記録

万歳!万歳!の実習記録ですが、A4用紙1枚分といえどやはり記録は悩ましいもの。

記録は、当然ながら自分が経験したことを記載します。通信制なので、実習場所に教員の同伴はありません。そのため、誰も見ていない、自分しか知らないことを記録に残してくことになります。

そのため、『誰が読んでも状況が分かる記録』を書かなければいけません。

しかし、私、この記録用紙の書き方がいまだに理解できないのです。
記録の中心、肝となるこの部分には、『見学した(または実施した)看護の事実』『その根拠』を記載するのですが、A4用紙の中心にある四角い空白部分…スペースせまいっっ!!

いやいやいやー、これはどう考えてもこの部分にすべてをありのままに書くなんて無理でしょう?
え?2枚目、3枚目を追加したら良いんじゃないかって?いや、まぁ、そうなんですけどね(笑)

で!とにかくこの狭いスペースに記録をしていくわけですが、問題はその書き方です。
先に述べましたが、ポイントは『事実をありのままに記録を見る人に伝わるように書く』ことでしたね。

例えば、清拭援助を見学したとしましょう。清拭は患者さんのところに行って、『清拭するね!よろしく!』的な挨拶を交わし、『はい!服をお脱ぎなさい』と身ぐるみはがし、熱いんだかぬるいんだか冷たいんだか分からない清拭タオルを使って身体を拭き拭きすることですね。

この場合の事実は、『服を脱ぎタオルで拭いて新しい服に着替えた』のようなものですよね。普通に考えればね。なんだ、記録なんて2、3行で終わっちゃいそうよ?なんて思うかもしれません。

しかし、ここに書く事実とは…

清拭をする旨を患者に伝えるため訪室し、カーテンを開ける前に看護師が『○○さん』と明るく声をかけた。すると、カーテンの向こうから『はい、どうぞ』という活気のない患者の声が聞こえた。看護師が左手でゆっくりとカーテンを開けると、患者はベッドに左側臥位となり眉間にしわを寄せて腹部を右手でさすっている。看護師は患者のそばに近づき、患者の目線の高さまで腰を落とした姿勢で『○○さん、どうされましたか?気分が悪いのですか?』と尋ねた。

ギャー―――――――(;゚Д゚)なんだこれはーーーーー!!!!
もう、何か物語でも書いている気分。そう、作家気分。

『くみたんはそっとペンを置いた…。ふと顔を上げると、そこにいないはずの彼がこちらを見て微笑んでいる。くみたんはあまりの衝撃に頭が真っ白になった。』

てなくらい、創作活動な記録なんです。
この書き方が正しいのか正しくないのか、それすらも分からぬまま小児看護学の実習を終わらせてきたわけですが(笑)

いや、たぶん、これはこれで正しいんです。きっと。学校ではそうするように指導を受けているので…。ただ、本当にこれで良いの??という疑惑は拭えぬまま、見切り発車GOGO!なわけです。

私が理解している最終的なポイントは、『分かりやすく、伝わりやすく、行った看護の根拠を示すこと』だと信じています(笑)
先ほどの物語を例にとって説明すると、行った看護の根拠は『なぜ看護師はカーテンを開ける前に声をかけたのか、なぜ明るく声をかけたのか』などの答えがそれに当たると思われます。

記録の謎はいつか解けるんだろうか…。学校でもう1度先生に確認してみたいと思います。
そして、このブログを見ているかもしれない先輩方、どうか良きアドバイスをください(笑)

学びと気付きは感想ではないので注意

これは学校でも注意されるのですが、記録の最後に書く、『学びと気付き』は『感想』を書いてはいけません。

例えば…

× 『今日は、清拭援助を実施したことで、患者さんに爽快感を感じてもらうことができたので良かったと思います。』

 『清拭援助を通して、患者の状態や気持ちに配慮し、清潔保持の必要性を理解してもらうためのコミュニケーション方法が理解できた。清潔保持は必要なことであるが、看護者側の思いを押し付けるのではなく、患者の思いに寄り添った声掛けをしていくことが重要である。』

自分で書いてて『合ってるの?これ』と思わずにはいられない例文ですが、ニュアンスは伝わりますでしょうか(笑)
この振り返りの中で、2日目の課題を見つけられるような考察ができたら一番良い書き方なのかなと思ったりします。

放置プレーはいつものことかい?

通信制の実習は、2日間しかありませんからね。実習を受け入れてくださる病院や指導者の方も、『この子たちは一体2日間で何をしようというの!?何をどこまで手を出してあげたらいいの!?』と悩むのでしょう。

これは、『いい意味での放置プレーである』と受け取っています(笑)

実際、自分が指導する立場だったら、『准看護師の資格があって、臨床経験がそこそこあって、何する?見学?分かるよねー?ですよねー?』という心理になりそうです(笑)

でも、この放置プレーの中に、自分の積極性はすごく重要な意味をもっていると思います。
実習ってやることを与えられなかったら時間を持て余しちゃうこともあるんですよ。でもそんな時に、自分は何のために実習に来ているのか、何を目標にしているのかを常に考えておくと放置プレーの中にもいろいろな発見があって楽しいものです。

というわけで、今日は、2年生になって初めての実習『小児看護学実習』についてお話しさせていただきました♪次回は、学生になって初!!の『紙上事例演習再提出』について語ってみようと思います。再提出、おそろしかー

関連記事

支持棒を持って黒板の前に立つ茶色い熊

通信制看護学校!入学ガイダンスに行ってきた話

顔の前で紙をもった黄色いひよこ

超難関!解剖生理学・病理学単位認定試験の体験レポート

黒板と青虫

通信制看護学校における病院実習!実際に経験した見学実習の話

驚く黄色いひよこ

強制ログアウト!通信制看護学校の動画は同時再生したらダメなんです

食パンにはさまれる黄色いひよこ

通信制看護学校の実際と現状報告!仕事との両立は可能なのか!?

パソコンと白い紙とペン

看護学生必見!苦手な看護過程の展開がサクサク進む!?考え方